芦原 佑太

Ashihara Yuta

Message

小学生時代に読んだ「微積分への道」から,微積分と解析学に興味を持ち,常微分方程式の世界に触れました.その興味は大学学部時代まで続きましたが,大学院からは,数学的なアプローチをもっと世の中のものに使っていきたいという考えから,興味の対象を人工知能へ移し,今に至ります.Weierstrasを師として仰ぐ工学研究者は少ないかと思いますが,代表,副代表の意向の通り,様々なBackGroundを持つ一人として,会を盛り上げていきたいと思います.よろしくお願いします.

Biography

  • 2010年 神奈川県立横須賀高校卒業 同年 電気通信大学情報理工学部情報・通信工学科入学
  • 2014年 電気通信大学情報理工学部卒業
    所属は情報理工学部だが,卒論は「ある二次元波動方程式におけるRayleigh波の構成」という解析学の論文を執筆した
  • 同年 興味の対象を人工知能とし電気通信大学大学院情報システム学研究科入学
    栗原研究室に所属する
  • 2015年 JWEIN2015にてパネルディスカッション「全脳アーキテクチャのアキレス腱」にパネリストとして参加
  • 2015年 SIG-AGIに「CNN型AEとベクトル付加LSTMを用いた,物体の回転画像の想起モデル」で登壇
  • 2016年 WSSITに「DeepLearningにおける中間層の情報表現を利用した,物体の外観変化を予測する転移学習モデル」で登壇
  • 2016年 電気通信大学大学院社会知能情報学専攻を主席で卒業
  • 同年 電気通信大学大学院情報学専攻博士後期課程進学